メインイメージ画像

コンタクトレンズは交換の時期を守る必要があります

コンタクトレンズは眼鏡と同様に、視力を矯正するための医療機器として認可が下りています。ただし、使用をするには眼鏡を作るときと同じように眼科で診療を受けてからの購入と使用方法などの指導が必要となっています。眼鏡とは違い、コンタクトレンズは眼球に直接装着しなければならないため、目にとってみれば異物という認識をもち、適正なものを購入し、使う際にはきちんとした管理とケアが必要となってきます。1日で使い捨てのコンタクトレンズだと同じものを何日も使うことはないのでいいのですが、それだとやはり毎日使うものであれば、それなりの費用がかかってしまいます。コンタクトレンズ自体の損傷がなければ洗浄などをしっかりと行って、同じものを使う方法が費用もかからず金銭面で助かるという面があります。損傷があれば使い続けずにすぐ交換したほうがいいのですが、目に見えて損傷がない場合にどれくらいの時期で交換するのがいいのか気になると思います。

コンタクトレンズには主に2種類あり、ハードタイプのものとソフトタイプのものがあります。交換の時期はそれぞれで違うのですが、ハードタイプのコンタクトレンズはどれくらいの耐用日数があるのかというと、従来の酸素を通さないコンタクトレンズは装着に慣れるまで違和感があります。しかし、矯正能力が高くおよそ3年から5年の耐用となっており、ハードタイプの中では一番長く保ちます。ほかに酸素透過型のものは大体2年から3年程度です。レンズと目の間を酸素が行き来している分、目には優しいのですが従来のものと比べると耐用年数が短くなります。そしてお手入れの手間を減らせるように汚れにくいようレンズに特殊な効果を施してあるハードタイプのものは、洗浄の際に擦ったりすると特殊加工が剥がれてしまうため、こすり洗いができないので酸素透過型のものよりも保ちが短めになっています。

カラーコンタクトレンズで魅力的な目元に変身!

ソフトタイプのコンタクトレンズは柔らかくて装着感がよく、初めてコンタクトレンズを使用する方でも違和感が少なく使用が可能です。ソフトコンタクトレンズにも幾つか種類があり、レンズが使えなくなるまで使用するものと30日や60日、90日など定期的に使用期限があるものと、使い捨てとして1日ずつ新しいものと交換するタイプと1週間単位で交換するものなど、使用頻度などに合わせて選ぶことができるようになっています。どれも使用期限が定められてあるので、その期限を過ぎて使用することをしてはいけません。見た目はなんともないコンタクトレンズでも、そのまま使ってしまうと細菌が繁殖して目の病気になったり、角膜が傷ついて炎症を起こしてしまったりと、日常の生活に支障が出てしまう事態にもなりかねません。メガネと違って裸眼の感覚でものが見られるため、使いやすくて安全なコンタクトレンズですが、使用方法をきちんと守ることでその効力が発揮されるのです。

いずれにしてもハードのコンタクトレンズもソフトのコンタクトレンズも、おおよその使用期間が定められていますし、毎日付け外しをする度に消毒と洗浄が必要になります。ソフトのコンタクトレンズも1日使い捨てタイプの場合は手入れをすることもなく、朝に装着すれば夜に外して捨てることになります。しかし、1週間使用タイプなどもあるので、その場合は外した時に洗浄とケースに入れての消毒保存を行うことになり、期限が来たら捨ててまた新しいものを使用するという形になります。その際はコンタクトレンズを保存するためのケースもきちんと清潔に保つことが必要になってきますし、同じ保存液を使用し続けるというのもよくありません。また、レンズは使用期限内であっても装着時にレンズが皮脂や化粧品などの付着で曇っていたり、外れやすくなっていたり、目に違和感がある場合や装着すると痛みが出るなどの症状があれば、目に炎症が出たり傷がついてしまうことのないようにするためにも、すぐに使用を中止して眼科へ行くことをおすすめします。

更新情報