メインイメージ画像

コンタクトレンズを購入する二通りの方法には良い点と悪い点があります

コンタクトレンズを購入する方法には店頭注文とネット注文のふたつがあります。私は15年間コンタクトレンズを使用しています。その経験から気づいた購入する方法のメリットデメリットについて話します。まずは店頭注文でのメリットです。種類の違いや新しいものの説明を聞きながら自分にあったものを一緒に選んでもらえます。診察もしてもらえるのでその時の目の状態にあった使用や中断を判断してもらえます。

私はドライアイなので普段は安いものを使用しコンタクトレンズの利用時間が最近残業などで長いなというときは次回少し割高でも潤いをキープしてくれるものに変えるなど調節しています。

診察時にお医者さんに確認できることは私にとって大きなメリットです。逆にデメリットは待ち時間が長いことです。度の調節や視力検査や診察やコンタクトレンズの種類選びなどと工程が多いので仕方がないことなのですが赤ちゃんを連れて行くとなるとおんぶであやしながら診察を終えさらに購入に長い時間待つことはすごく大変です。でも皆さんと一緒に待つしかないのでしょう。

次にネット注文でのメリットです。なんといっても一番はどんな時間帯でも店が遠くてもスマートフォンやパソコンからすぐに注文が可能だということです。赤ちゃん連れの主婦の私には嬉しいかぎりです。それにネット限定割引というのもあるのでそれをうまく利用するとお得になります。逆にデメリットは診察なしでの購入なので目の状態が悪化していたり視力が下がっていたりなどが分からないことです。

私は以前目が痛いけれどそのうち治るだろうとネット注文したコンタクトレンズを装着していましたがあまりにも痛くなったので、眼科を受診すると黒目が傷だらけとのことで定期的に受診してくださいね、とお叱りを受けごもっともだと思いました。

目は大事な部位で自分にしか守ることができません。オーバーでもなんでもなく目の状態を良くするも悪くするも自分自身にかかっています。購入の方法を選択できる便利な世の中です。店頭注文とネット注文をうまく利用して自分の眼をいたわりながらコンタクトレンズを利用していくことができると良いと思います。

更新情報