メインイメージ画像

コンタクトレンズによる視力矯正は目にやさしく進化しています

近視や遠視、乱視、老眼など視力を矯正する方法としては、メガネ、コンタクトレンズ、レーシック手術などがあります。

コンタクトレンズは、目に直接装着しているため、自分の目で見るのと同じような見え方で物を見ることができます。また、コンタクトレンズは、運動時にも外れにくく、安全に使用することができます。しかし、直接装着するものなので、適切なケアを行わないと、目を傷つけてしまったり、眼障害がおこったりするなど、目にトラブルが起こってしまうことがあります。加えて、コンタクトレンズを使用する場合には使い捨てでない限り、ケアが必要です。ケアには手間とランニング費用がかかります。一方で、メガネは目に対する負担が少ないことが特徴として挙げられます。コンタクトレンズと比較し、目に直接装着するものではないので、メガネを装着することで目を傷つけてしまうことはありません。また、コンタクトレンズのようにゴロゴロして、ごみが入って痛みが走るというようなこともないので、快適に使用することができます。デメリットとしては、メガネを使用した時に視野が狭くなってしまうということがあります。コンタクトレンズとは違い、目からおよそ12ミリ離れているので、その見え方において、物の大きさや形が若干違うことが考えらえます。メガネをかけた時は、近視の場合、対象物が小さく映り、遠視の場合は多くうつる傾向があります。また、レンズの端の厚みが増すので、眼を動かしてレンズの周辺で物を見た場合、ピントのズレが起き、物が2重に見えて、違和感があることもあります。ひどい近視で悩んでいる人には、必然的に分厚いメガネになってしまうため、現実的にそのようなメガネをかけることは難しいため、度数を弱めて調整することもあります。その他にも、メガネはずれてくることもありますし、衝撃が加わると壊れやすいため、運動時など激しい動きをする場合は向いていないと言えます。熱い食事をした時に、湯気で曇ってしまい困ることもあります。また、メガネをかけることで印象がガラリと変わることもありますが、それはメリットでもあり、デメリットでもあるでしょう。レーシックは角膜をレーザーで削り、角膜のカーブを変えることで、屈折異常を矯正し、視力を矯正する手術方法の1つです。レーシックは、メガネやコンタクトレンズで矯正することなく、裸眼で物を見ることができるため、矯正機器のわずらわしさから解放されることができます。しかし、レーシックにより矯正できる度数には限りがあり、近視がひどい方や、乱視の方は充分な効果が得られないことも考えらえます。また、矯正できる程度には個人差があるため、手術前に詳しい検査をすることが必要です。また、手術なので合併症やリスクがつきもので、事前にデメリットについてもよく理解しておくことも重要です。

メガネ、コンタクトレンズ、レーシックの中で、一番使われていると言われているのがコンタクトレンズです。コンタクトレンズは、メガネと違い、対象が裸眼に近い状態で見え、レンズが眼球と一緒に動くため、歪みを感じることもほとんどないことがメリットとして挙げられ、見え方の質がメガネと比べると格段によくなります。また、レーシックなどの手術に抵抗がある方にとっても比較的気軽な選択肢となり得ます。しかしコンタクトレンズを使用する場合にも、メガネとの併用がおすすめです。目に異常を感じた時には、そのままコンタクトレンズを装着することはできないので、やはりメガネがあると便利です。眼障害で眼科医に指導によりコンタクトレンズを装着できない時なども考えられるため、万が一の場合に備えてもメガネがあるとよいでしょう。

メガネにも、コンタクトレンズにも、レーシックにも、それぞれメリットとデメリットがありますので、それぞれのライフスタイルや目的に適ったものを選択することをおすすめします。

更新情報